クラウトコールシステム
ftelヘルプデスク
無駄な電話応対を、
ゼロに
進化した音声ガイダンスが電話応対し、
メールやツールで内容をお知らせ

ftel ヘルプデスクとは?

電話番号を変えることなく、貴社専用電話番号へ転送を行うことで、
自動音声応答システムが忙しい時間帯や営業電話対応を行い、着信内容をチャットやメールで通知するシステムです。

現状のお悩み

  • 公開されている電話番号が1つしかなく、担当の異なる電話を受けて時間がかかっている
  • 電話には忙しいから出たくないという声が多く、「誰がとる?」という探り合いが起きている
  • 電話対応で作業が中断し、毎回集中力が切れる
  • 他の人はテレワークで作業しているが、自分は電話番のために出社しているので、不公平な気がする

BAD POINT

電話業務をなくすことはできないため、担当を決めて対応はしているが、担当者の負荷が高く、他の業務に支障が出ている

ftelを導入すれば解決!

音声合成 貴社電話から専用電話番号へ転送することで、自動音声が一次受けを行うので、担当者の作業をさえぎることがありません。
IVR (自動音声応答システム) プッシュダイヤルごとに、担当部署や目的別に選べ、別の音声ファイルや外線に遷移するなど様々なコールフローを設定可能
クラウド電話帳 クラウド電話帳に顧客や見込客など登録することで、Webhook通知時に電話番号と名前を通知します。
Webhook通知 着信電話はすべて設定されたツールやメールアドレスに通知するので、自分宛て以外の電話を出る必要はありません。
録音データテキスト化 留守録設定をすることで、録音データをテキスト化し、Webhook通知時に、テキストも通知します。
 

現状のお悩み

  • 営業電話だとわかっていても、断り方にも気を遣うので、なかなか電話を切れない
  • 以前断ってもかけてきたり、違う人がかけてきたり、違う電話番号でかけてくる
  • 社長の知り合いのようにかけてくるので、取り次いでしまい怒られる
  • 着信拒否しようにも数が多すぎて登録するのも面倒だし、登録する数も限られている

BAD POINT

営業電話の対応にかかる時間とストレスがあり、また営業電話によってクライアントやパートナーへの対応が遅れるなど、仕事の生産性へ影響がある。

ftelを導入すれば解決!

ブロックリスト クラウド電話帳にブロックする電話番号と名前を登録することで、着信拒否設定ができるため、無駄な対応がなくなります。
IVR (自動音声応答システム) ブロックリストの電話番号を受電した際は、着信拒否とするか、専用の音声にするか設定ができます。
Webhook通知 ブロックリストのみWebhook通知しないことも可能ですので、ツールやメールに必要な電話だけが通知されます。
留守録 ブロックリストに登録しているというのがわからないようにするため、留守録を聞いて必要であれば連絡というのも可能。
録音データテキスト化 ブロックリストのみWebhook通知しないことも可能ですので、ツールやメールに必要な電話だけが通知されます。
 

現状のお悩み

  • 誰から誰への電話なのか分からないまま受電し、その後の連携に手間取っていた
  • 公開されている電話番号が1つしかなく、担当の異なる電話を受けて時間がかかっていた
  • サポートチームの電話がしばしば埋まって、電話サポートを満足にできていなかった
  • 個人携帯に転送しているが、大事な電話を見逃すことがあった

BAD POINT

電話対応ルール・フローが未整備であるというのは認識しているが、他の業務に忙しく、後回しになっている。

ftelを導入すれば解決!

音声合成 貴社電話から専用電話番号へ転送することで、自動音声が一次受けを行うので、自分のタイミングで折り返し対応が可能。
IVR (自動音声応答システム) プッシュダイヤルごとに、留守録に変えたり、複数の外部電話番号へ転送をするなど、様々なコールフローに設定できます。
Webhook通知 着信電話はすべて設定されたツールやメールアドレスに通知するので、誰がいつかけてきたかわかり、外出先から対応可能。
クラウド電話帳 クラウド電話帳に顧客や見込客など登録することで、Webhook通知時に電話番号と名前を通知します。
録音データテキスト化 留守録設定をすることで、録音データをテキスト化し、Webhook通知時に、テキストも通知します。
 

現状のお悩み

  • テレワークに移行したいが、取りこぼしがあるかもしれないので、固定電話自体なくせない
  • 留守電の聞き忘れや設定するのを忘れることがあった
  • 出社しないと留守電を聞けないので、対応が遅れた
  • 営業時間外アナウンスを設定し忘れることがたまにある

BAD POINT

混雑時に電話に出られなかったり、営業時間外に電話で予約受付などあるかもしれないが、現状対策をうてていないので、機会損失が発生し

ftelを導入すれば解決!

音声合成 貴社電話から専用電話番号へ転送することで、自動音声が一次受けを行うので、自分のタイミングで折り返し対応が可能。
IVR (自動音声応答システム) 窓口の仕分けを自動で行い、選択したコールフローも表示するので、取りこぼしが減少します。
Webhook通知 着信電話はすべて設定されたツールやメールアドレスに通知するので、誰がいつかけてきたかわかり、外出先から対応可能。
営業時間設定 営業時間内、営業時間外、長期休暇期間など、時間帯によって違う音声を設定できます。
録音データテキスト化 のコピー 留守録設定をすることで、録音データをテキスト化するので、要件が事前にわかり、誰宛の要件か可視化できます。
←戻る ftel オートコールを導入すると

01

オフィスや事務所の電話を転送 し、音声で自動応答

ftelヘルプデスクでは、テキスト入力するだけで、合成音声を自動で作成することができ、イントネーションや読み上げなど、細かなチューニングができるので、これまでの合成音声とは違い、より自然な声で音声を作成できます。 また、録音音声も登録することが可能です。

音声を聞いてみる

02

リスト種別や時間帯で自動振り分け

ftelヘルプデスクでは、クラウド電話帳に登録時に、ホワイトリストやブロックリストなどの種別を設定することで、種別にあった音声を流すことができます。 また、営業時間内、営業時間外ごとに違った音声を流すことができ、長期休暇期間も設定することができます。 さらに、ftelオフィスバージョンなら、お使いのPCで電話の発着信ができるブラウザフォンを搭載しており、音声を聞かせずに、直接お客様のお電話に通話ができます。

03

留守番電話をテキスト化し、ツールやメールに通知

ftelヘルプデスクでは、受電したら様々なチャットツールやメールへ通知を送る設定ができます。どこからいつ電話があったかを確認することが可能です。 また、留守番設定をすることで、メッセージを残すことができ、そのメッセージをテキスト化し、通知先へ表示しますので、音声を聞き返す必要がありません。 さらに、ftelオフィスバージョンなら、通知された電話をクリックすると、ブラウザフォンの画面が立ち上がり、PCからお客様の電話番号へ発信できます。

ftel ヘルプデスク 充実の機能

音声合成
  • テキストから音声ファイル生成
  • より自然な音声にチューニング可能
  • 録音した音声も登録可能
  • 登録できる音声は無制限
IVR (自動音声応答システム)
  • 電話転送後ルール設定(コールフロー)
  • 設定できるコールフロー動作は、音声ファイル、外線、SMS(オプション)、録音など
  • 設定できるコールフロー階層は無制限
  • 設定できるコールフロー数は無制限
外線複数同時転送
  • コールフロー動作の外線は複数の転送先を指定できる
  • 同時に転送できる電話番号は20件まで設定可能
営業時間設定
  • 営業時間内、営業時間外で異なるコールフローを設定可能
  • 長期休暇期間のコールフローを設定可能
複数電話番号取得
  • 取得する電話番号は、050番号
  • 複数の電話番号を取得することができる
着信履歴
  • 着信した電話は管理画面ですべて表示
  • 着信履歴はCSVで一括ダウンロードが可能
クラウド電話帳
  • 企業内で同じ電話帳データを共有できる
  • Webhook通知時に電話だけではなく名前を表示
  • 名前と電話番号をCSVで一括登録可能
  • 電話帳登録数は無制限
オプション
ブロックリスト
  • 営業電話などをブロックリストとして登録
  • 登録した電話番号からの着信は、音声を流すか、話し中(busy音)にするか選べる
  • ブロックリストはWebhook通知しないことも可能
  • 名前と電話番号をCSVで一括登録可能
  • ブロックリスト登録数は無制限
留守録
  • コールフローで録音を設定すると、留守録ができる
  • 録音したデータは管理画面で再生、ダウンロードが可能
  • 録音データの保管は1週間で、保管期間をすぎると削除
  • 保管は3ヶ月ごとに延長可能(オプション)
録音音声テキスト化
  • 留守録の音声メッセージをテキスト化
  • テキスト化した音声メッセージはWebhook通知先に表示
Webhook通知
  • 着信結果を設定した外部ツールやメールに通知
  • 通知内容は、着信日時、相手電話番号、電話帳に登録した名前、留守録に録音したメッセージ
  • 通知先は、Slack、Microsoft Teams、Chatwork、Eメール、SMS
  • 通知の設定は、コールフローごとに設定可能
オプション
SMS送信
  • Webhook通知先として、SMSに送信可能
オプション
IPアドレス制限
  • 指定したIPアドレスのみ管理画面にログインができるよう制限
オプション
音声ファイル作成サポート
  • 音声ファイルのチューニングやコールフローを弊社が代行して作成

音声

よくある
合成音声

全体的に機械音声という感じがするため、不自然

チューニング前
合成音声

よくある合成音声に比べて、自然ではあるが、社名の「コムソル」や「ご依頼」が不自然

チューニング後
合成音声

不自然な言葉をチューニングすることで、より自然な合成音声となった
下記電話番号にかけていただくと実際の音声をお聞きいただくことができます。

050-3187-5962

営業時間内
営業時間外
長期休暇期間
非通知

料金プラン

サービス料初月無料!
単月契約からご契約可能!!

初期費用 ¥0
月額費用 ¥980 (税抜)
※1電話番号のみとなります。電話番号の追加は1電話200円です。 ※月間50件の着信まで無料です。以降は1件5円かかります。 ※クレジットカード払いでお申込いただくと初月の月額費用は無料となります。

導入ステップ

お申込から最短1営業日でご利用開始できます。

STEP 1

お問い合わせ

機能や料金、転送サービスについて説明いたします。
STEP 2

お申込

お申込前に必ず転送サービスのご利用を開始してください。
STEP 3

アカウント発行

メールにてアカウント情報を発行いたします。
STEP 4

電話受付設定

電話番号設定、音声ファイル作成等を行っていただきます。
STEP 5

稼働開始

自社の電話番号から、専用電話番号に転送設定をしていただきます。

よくある質問

ftelヘルプデスクについて、お客さまからよくお問い合わせいただく質問と、その回答(Q&A)を紹介しています。

Q 電話の転送が必要ですか? A 現在ご利用の電話番号から貴社専用050番号に転送していただく必要があります。 尚、転送方法については、各通信事業者様によって異なります。事前の申請が必要なケースもありますので、設定方法をご確認ください。また、弊社でお調べすることも可能です。
Q お申込後、すぐに利用できますか? A お申込フォームから、各必要項目を入力していただくと、1~2営業日ほどでアカウント発行され、管理画面内でクレジットカード情報を登録していただくとご利用が可能となります。資料請求をされた場合は、担当からご案内いたします。

■お問い合わせ
https://comradesol.com/helpdesk/contact/
Q 通話料がかかります? A 音声ファイルでの受電に関しては、毎月50回までは無料となります。以降1件ごとに5円かかります。
Q 合成した音声による自動応答ではなく、自分で録音した音声を利用することは可能でしょうか? A mp3またはwav形式のファイルで登録いただけます。サイズは3MB以下のファイルをご用意ください。
Q 営業時間ごとや曜日後ごとで、音声自動応答内容を変更することができますでしょうか? A 弊社管理画面にて、変更可能です。曜日、時間帯によって、応答内容を設定できます。また、夏季休暇などの長期休暇期間に、別の音声を設定することもできます。
Q 同時着信数に上限はありますか? A 同時着信数については、ftel側に上限はございません。 ただし、転送をご利用になる場合は、各通信事業者様によって異なります。ご契約内容をご確認ください。

ftel ヘルプデスク
お申込

月額980円でご利用開始できます。
下記よりお申し込みしてください。

お申込はこちら>

ftel ヘルプデスク
お問い合わせ

ftelヘルプデスク導入についてのご相談や料金について、
お問い合わせこちらから

ご相談・お問い合わせ>
Copyright © 2021 COMSOL. Allrights Reserved.